テーマ:展示空間

「ジム・ランビー:アンノウン・プレジャーズ」展が、東京・品川の原美術館で12月13日から開催されている。2003年のヴェネチア・ビエンナーレでスコットランド館の代表となり、 2005年にはターナー賞にノミネートされるなど、今や英国を代表するアーティストのひとりとして活躍中のジム・ランビー。日本では、今年開館した十和田市現代美術館に作品「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京・青山の骨董通り裏「HOYA CRYSTAL TOKYO」。 建築家・中村拓志が内装を手掛けたことでも話題になった同店は 今年10月に1周年を迎え、トーキョー発カッティングエッジラグジュアリークリスタルを テーマにまた新たな試みをスタートさせた。  その一環として企画された 「Candle Night & Christ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記載させて!

この前大学で展覧会の展示構成を担当させてもらいました。 なかなか機会さえもらえない難しいものでしたが、 しかしながら、こうやって完成できたことは素直にうれしく思っています。 代表だけの作品ものですが、 でも、みんなのおかげでできたと思っています。 新聞にも載ったみたいだし。本当によかった! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジム ランビーしっていますか?

ジム・ランビーは、 2003年のヴェネチア・ビエンナーレでスコットランド館の代表となり、2005年にはターナー賞にノミネートされるなど、今や英国を代表する作家のひとりとして国の内外で活躍しています。昨年、日本で初めてとなる個展をミヅマアートギャラリー(東京)で開催し注目を集めました。彼の作品は、床一面をビニール…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

宮本武蔵を見に行きました。

上野の森美術館で、井上雄彦の最後のマンガ展をみにいきました。 あまりに美しく緊張した間合いや線で、描かれたマンガばかりで、 こちらもそこにいるような感じを演出していました。 決して他人事ではマンガをみれないというか―。 最後のシーンは演出上うまいなとおもいました。 無二斎がドアップで描かれたところは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

sinji ohmakiの資生堂ギャラリーで開催されたECHOです。 花びらは人によりくずされ新しい花びらのカタチを生み出す。 ぐちゃぐちゃにされた花びらが目の前に広がるなか、奥に進むと、 美しい花に出会える。 ECHO 時は否応なしににも流れている モノを腐れせ、形を消滅の方向へと押し進ませ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルースマウはしっとけ!

http://www.robertharshman.com/360vr/mca/mca-segway.html このMASSIVE CHANGEをみて感動しましょうや! そして学びましょうや~! まちゃめちゃいいので是非ご覧下さい。 クイックタイムプレーヤーがいりますのであしからず。 もしここから開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more